21.9.17朝日新聞にコロナ後のME/CFS③

9月15日から朝日新聞生活面の「患者を生きる」のコーナーで、「新型コロナ 強い疲労感」と題してコロナ後のME/CFSが取り上げられています。14日から4回の連載ですが、今回は17日の記事をご紹介します。

新型コロナウイルス感染症の後遺症について、厚生労働省の研究班等が実態把握を進めています。昨年9月以降に入院した512人に退院3ヶ月後の症状を調べた研究では、重症だった人では筋力低下が77%、息苦しさが50%、倦怠感が30%でした。別の研究班(246人)の診断後6ヵ月の調査では、疲労感・倦怠感が21%、息苦しさが13%、睡眠障害が11%、思考力・集中力の低下が11%でした。

米国国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は昨年7月の会見で、後遺症に悩む人の症状について「ME/CFSの患者にみられる症状に似ている」と話しました。

ME/CFSは、発熱やのどの痛み、嘔吐や下痢などの「風邪症状」を契機に発症することが多いため、ウイルスや細菌が関係していると考えられています。2003年のカナダや香港で流行したSARSでも、感染後のME/CFSが報告されています。厚労省は2014年度、ME/CFS患者が何をきっかけに発症したと考えられるかを調べ、105人の内、発熱と感染症がそれぞれ39人(重複あり)で最も多かったです。

国立精神・神経医療研究センターは今年4月、ME/CFS患者に共通する免疫異常を発見したと発表。発症のメカニズムの解明や診断法の確立などにつながると期待されています。