21.8.18NCNPでのME/CFSの最新の研究の動画

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)の山村隆先生は2021年4月に、血液検査で8~9割以上の精度で筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)を診断ができること示す論文を発表しました。これは治療法開発にも役立つ成果であり、NCNPより他にも2つの論文が発表されています。

山村先生の研究チームにより、ME/CFSの研究が飛躍的に進んでいますので、そのことを広く知って頂くと同時に、さらに研究が進み、ME/CFSが指定難病になり、治療薬の治験が早期に開始されることを願って、ショート動画を制作しました。多くの方に広めて頂けますよう、皆様のご協力をお願い致します。

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは

2021年5月の山村隆先生の講演の動画

2021年5月の山村隆先生の講演の概要

2021年4月に発表された血液検査でME/CFSを診断できることを示す論文

2018年11月に発表されたME/CFS患者の脳の異常の論文

◎2020年7月に発表されたME/CFS患者の脳内構造ネットワーク異常の論文

世界で最も信頼されているカナダの診断基準