21.8.19国際ME/CFS学会が学術大会開催

国際ME/CFS学会は、8月19日~21日にオンラインで学術大会(英語)を開催します。国立精神・神経医療研究センターの佐藤和貴郎先生も21日に発表しますし、副会長のリリー・チュー先生から、是非、色々な方に知らせて下さいとメールを頂きましたので、ご紹介させて頂きます。19日の患者や一般の方向けプログラムだけに申し込むこともできます。

学術大会は、ME/CFSの生物医学的・公衆衛生的・行動的側面や関連する併存疾患に焦点を合わせます。大会の一部では、COVID-19とME/CFSの研究や診療との関連を扱います。国際ME/CFS学会学術大会の出席者は主に、臨床医、研究者、教育者を含む生物医学の専門家や行動の研究の専門家ですが、ME/CFS患者や支援者の方も自由に参加して下さい。大会は録画されますので、申し込んだ方は出席できなかった箇所を後日、自分の都合に合わせて視聴することもできます。

ワクワクする情報を提供する大会のプログラムには、研究のプレゼンテーション、臨床的ワークショップ、バーチャル・ポスターセッション、患者/一般の方への一連の講演、患者団体Solve MEによるアドボカシーの最新情報、Kantor & Kantorによる長期的障害に関する話が含まれます。

申し込み等の詳しい情報はこちらからご覧いただけます