21.6.10公明新聞にコロナ後のME/CFSの研究

6月10日付の公明新聞に、「コロナ後遺症対策急げ~慢性疾患との関係調べて」と題する記事が掲載されました。

6月9日の衆議院厚生労働委員会で公明党の伊佐進一氏は、新型コロナウイルス感染症から回復した後に一定の割合でみられる倦怠感などの後遺症への対策を巡って、原因不明の慢性疾患「ME/CFS」との関係性を調査研究するよう主張しました。

伊佐氏は国立精神・神経医療研究センターで後遺症が疑われる患者の中にME/CFSと診断されたケースがあるとして、研究を含めて対応を急ぐよう求めました。山本博司厚生労働副大臣は「スピード感をもって対応したい」と応じました。