21.4.27NCNPの論文のプレスリリースが英訳

4月27日に国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所免疫研究部の山村隆部長や佐藤和貴郎室長らの研究グループは、ME/CFSの新たな免疫異常を発見し、それが診断に有用な血液診断マーカーとなりうることを発見しました。

同日にNCNPからプレスリリースが発表されましたが、5月20日にNCNPのホームページにプレスリリースが英訳され、“Discovery of Immune Biomarkers for Myalgic Encephalomyelitis / Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS) based on B cell receptor repertoire analysis(B細胞受容体レパトア解析に基づく筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の免疫バイオマーカーの発見)”と題して発表されました。海外にお知り合いのいらっしゃる方は、多くの方にご紹介頂ければ幸いです。

論文名:Skewing of the B cell receptor repertoire in myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome  

著者名:Wakiro Sato, Hirohiko Ono, Takaji Matsutani, Masakazu Nakamura, Isu Shin, Keiko Amano, Ryuji Suzuki and Takashi Yamamura

雑誌:Brain Behavior and Immunity

DOI:https://doi.org/10.1016/j.bbi.2021.03.023

英訳されたプレスリリースはこちらからご覧頂けます