21.4.27NCNPから免疫バイオマーカーの論文

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所免疫研究部の山村隆部長佐藤和貴郎室長らの研究グループは、ME/CFSの新たな免疫異常を発見し、それが診断に有用な血液診断マーカーとなりうることを発見しました。

研究グループはリンパ球の一種であるB細胞に着目した研究を展開し、B細胞受容体(BCR)レパトア解析という手法を用い、特定のB細胞受容体が患者群で増加していること、この解析法が診断マーカーとしても有用であることを突き止めました。この研究成果は、ME/CFSにおける感染と免疫病態の関連性の理解につながるものであり、ME/CFSの客観的診断法の確立や治療薬開発への応用が期待されます。

この研究成果は、2021年4月27日に「Brain Behavior and Immunity」オンライン版に掲載されました。当日は掲載時刻に合わせ、記者発表会がWEBで開催され、多くのメディアの方が取材して下さいました。

研究成果のまとめ
・ME/CFS患者では特定のB細胞受容体(BCR)ファミリーが血液中で増加
・感染症様エピソード後の発症と関連するBCRファミリーの同定
・ME/CFS患者のプラズマプラスではインターフェロン誘導遺伝子の発現が増加
・BCRレパトア解析はME/CFSの診断バイオマーカーとなりうる

論文名:Skewing of the B cell receptor repertoire in myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome  

著者名:Wakiro Sato, Hirohiko Ono, Takaji Matsutani, Masakazu Nakamura, Isu Shin, Keiko Amano, Ryuji Suzuki and Takashi Yamamura

雑誌:Brain Behavior and Immunity

DOI:https://doi.org/10.1016/j.bbi.2021.03.023

※NCNPからのプレスリリースはこちらからご覧いただけます。

※プレスリリースの英訳はこちらからご覧いただけます