21.3.24立憲民主党難病PTが副大臣に要望書

3月24日付の立憲民主党のHPに、「新型コロナウイルス感染症の後遺障害に関する研究調査の継続・充実を申し入れ~障がい・難病PT」と題する記事が掲載され、立憲民主党障がい・難病PTとして厚生労働副大臣に、COVID-19とME/CFSの研究を求める要望書を提出したことを掲載して頂きました。

立憲民主党の障がい・難病プロジェクトチーム(PT)の山花郁夫座長らは24日、厚生労働省に山本博司厚生労働副大臣を訪ね、新型コロナウイルス感染症の後遺障害に関する研究調査の継続及び充実を求める要望書を手交し、金子恵美衆院議員、牧山ひろえ、川田龍平、横沢高徳各参院議員も参加しました。

新型コロナウイルス感染症の後遺障害の調査は本年度末(3月)に終了する予定となっていますが、ME/CFSを発症したと疑われる事例が報告されていることから、その関連性を調べることが必要であり、研究調査の継続・拡充を申し入れました。

具体的には、(1)後遺障害についての研究調査を2021年度以降も継続すること(2)ME/CFSとの因果関係解明のために欠かせない、神経免疫系の研究調査を実施すること(3)2020年度に行われた後遺障害の研究調査データをME/CFSの専門家も扱うことができるようにすること――を要望しました。

記者団の取材に対し山花座長は、要望の趣旨について(1)4月からも調査・研究を継続すべきだ(2)ME/CFSはSARSの後遺症としても報告されていて、感染症との因果関係が疑われる症状なのでこの機会に突き止めるべき――と説明しました。その上で「山本副大臣はME/CFSの当事者から10年くらい前から話を聞いている。要請を受けて、何ができるか考えてみたいという、前向きな話をいただいた」「現在の調査・研究は3月で中間報告が出るので、4月以降どうするのかについて考えたいという趣旨のご発言があった」と述べました。

牧山議員は「後遺症は、世界中にもいろいろな事例が出ており、この研究は皆さんの安心のためにぜひ続けていただきたいと申し上げた」と述べました。

川田議員は「感染が今後も広がる可能性があり、研究は時機を逃さないようにしてほしいと要請した。身近にも感染症との関連が分からないけれどME/CFSかもしれないなという方がけっこういらっしゃる。一日も早く分かるように研究をしっかり進めていただきたい」と述べました。