21.2.25日経メディカルにlong COVIDとME/CFS

2月25日付けの日程メディカルに、「Long-COVID──回復後に起こる筋痛症性脳脊髄炎/慢性疲労症候群」と題する、Frontiers in Medicine誌に掲載された論文のレビューが掲載され、国立精神・神経医療研究センターの山村隆先生の研究も紹介されました。論文の著者は米国ME/CFS臨床医連合のハーバード大学のコマロフ教授等で、記事の著者は脳神経内科医である春日井市総合保健医療センター参事の平山幹生先生です。

COVID-19の後遺症であるLong COVIDと呼ばれるCOVID-19回復後の慢性疾患に関するレビューである。米国疾病対策センター(CDC)は、PCR検査陽性だった約300人を追跡し、3週間後に患者のほぼ半数がまだ倦怠感や咳などの症状を示していた。イタリアでは143人の重症患者を調査し、発病から60日後、患者の半数以上が引き続き幾つかの症状を呈し、41%が生活の質の悪化を報告した。アイルランドではPCRで確認された患者128人を調査し、発症から10週時点で52%が持続的な疲労を感じ、31%が仕事に戻れなかったと報告した。疲労とCOVID-19の重症度、または炎症と細胞の代謝マーカーとの関連は認められなかった。

COVID-19の患者団体が英国ユニバーシティカレッジロンドン等と共同で、2019年12月~2020年5月までオンライン調査を実施した。調査は56カ国の3762人の患者が回答し、8.4%が入院例、27%がPCR検査陽性例だった。発病後7カ月で、疲労、運動後の倦怠感、認知機能障害(ME/CFSの全ての主要症状)を報告したケースはそれぞれ77.9、71.2、56.8%であった。67.5%は発病前と比較して、就労が困難、もしくは業務量を減らす必要があった。

感染後疲労症候群は、急性感染をきっかけに起こり得る。例えば、SARS、EBウイルス、ロスリバーウイルス、エンテロウイルス、ヒトヘルペスウイルス-6、エボラウイルス、ウエストナイルウイルス、デングウイルス、Borrelia burgdorferiなどの細菌、マイコプラズマ肺炎、ランブル鞭毛虫などの寄生虫などで報告がある。

急性感染症に続く感染後疲労症候群の人々は、ME/CFS患者と共通の症状を有している。全てではないが、多くのME/CFS患者は、呼吸器症状、発熱、リンパ節腫脹、筋肉痛などが、明らかに感染性症状とともに突然発症したと自身の変化を振り返る。ME/CSF患者における症状は、病原体が特定された感染症例に発生する症状に類似しており、国立アレルギー感染症研究所の所長であるアンソニー・ファウチ氏によると、COVID-19後の患者は、「ME /CFSと非常によく似たウイルス感染後症候群」を発症する可能性があるという。

2020年12月下旬で、2000万人近くの米国人がPCR検査で陽性を示している。本報告では、Long COVIDを発症する可能性のある人数はを推定しているが、ME/CFSの症例定義を満たすのは10%というものだ。これは、3つの急性感染症の症状の経過に関する前向き研究と同程度である。つまり、1年間でME/CFSに苦しむ米国人の数は少なくとも2倍になることを意味する。これは世界に当てはめると、1000万人を超えるME/CFS患者が発生すると予測される。注意すべきは、COVID-19パンデミック前の段階でME/CFSを有する人を対象とした長期縦断研究では、ほとんどの患者は何年たっても軽快しなかったということである。

COVID-19後に長引く疲労感があり、慢性の臓器障害がない人では、COVID-19によって引き起こされる慢性の神経炎症が原因である可能性がある。新型コロナウイルスは脳に感染し、神経炎症を引き起こす可能性があると報告されている。また、体内の炎症が、液性因子もしくは迷走神経を含む逆行性神経シグナルを介して、脳における自然免疫系を活性化する可能性も示唆されている。神経炎症は様々なサイトカインの作用を介して疲労を引き起こし、「疲労核」、つまりエネルギー消費に関わるニューロンに作用するかもしれない。神経炎症による「疲労核」の活性化に加えて、慢性の重症疲労および関連する症状は、ME / CFSで知られる他の異常、つまりエネルギー産生障害、酸化ストレス、イオンチャネル障害、および脳灌流障害によって説明できる可能性がある。

現在、ME/CFSに関して9000を超える査読済み論文があるが、多くの医師はまだこのことを知らないと考えられる。米国のME/CFS臨床医連合(ME/CFSのケアに経験のある医師)が、有用な情報を含むウェブサイトを作成したCDCNIHも情報を提供している。

Dr. Hirayama’sEye-MEとCFSが同一疾患であることがあまり知られていないのではないか?

日本でME/CFSの病態解明と啓蒙に尽力している山村氏らは最近、ME/CFSの病態機序を解明したと報告している。国立精神・神経医療研究センター(NCNP)のウェブサイトに新知見の詳細が記載されている。ME/CFSの国際的な診断基準を満たし、3テスラMRI撮像と自律神経受容体に対する自己抗体測定を実施した89人を対象とした。抗β1アドレナリン受容体自己抗体価と右背外側前頭前野の媒介中心性との間に正の相関、抗β2アドレナリン受容体自己抗体価と右中心前回の特徴的経路長との間に負の相関を認めた。

背外側前頭前野は注意力やワーキングメモリに関与するほかに、痛みの調整も担っている。抗β1アドレナリン受容体自己抗体は右背外側前頭前野に微小な構造変化を引き起こし、注意力やワーキングメモリの低下、痛みの調整の異常が起きている可能性が考えられた。また、中心前回は運動を司る部位であり、慢性疼痛患者では中心前回が活性化し、前頭前野、中心後回、視床を介して痛みの調整を行っていると考えられている。特徴的経路長の減少は持続的な痛みによる中心前回の活性化を反映していると考えられ、その原因として抗β2アドレナリン受容体自己抗体の存在が考えられた。