21.2.19北海道新聞に上映会の告知記事

2月19日付けの北海道新聞に、「原因、治療法不明の病気『ME/CFS』実態映画で~28日オンライン上映、講演も」と題して、当会の28日のオンライン上映会の告知記事を掲載して頂きました。

原因も治療法も分からない神経系の病気ME/CFSの患者会NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会が、28日午後1時から、病気の実態を伝えるドキュメンタリー映画の上映と講演の会をオンラインで開きます。上映後、同会が昨年実施した新型コロナウイルス感染者の後遺症アンケートから見えてきたことについて話します。

会によると、ME/CFSは過去ウイルス性疾患の集団発生後に流行しており、今回のアンケートで新型コロナ感染後にME/CFSを発症した患者を確認。同会は国に実態調査と研究の早期開始を求めています。20日までに申し込み、先着順で定員50名になり次第締め切ります。

ME/CFS:日常生活のちょっとした活動や頭を使う簡単な作業で、急激に体が衰弱し症状が悪化、なかなか回復しない神経系の病気。睡眠障害や頭痛、筋肉痛、思考力・集中力・筋力の低下等が長く続く。寝たきりや日常生活が困難になり、社会から孤立する患者も。