20.12.27medRxivに3762人のコロナ後遺症調査

2020年12月27日付のmedRxiv(医学分野のプレプリントサービス)に、「国際的コーホートにおける長引くCOVIDの特徴:7ヶ月間の症状とその影響」と題する論文が掲載されました。

要約
目的:長引くCOVID患者の症状の統計データと時間的経過、及び日常生活、仕事、ベースラインの健康を取り戻すことへの影響を描く

計画:2020年6月以前に発症し、長引くCOVIDの症状が28日以上継続している、COVID-19に罹ったと思われる患者と確定患者に関する、国際的なウェブ上調査

設定:調査はオンラインのCOVID-19サポートグループやソーシャルメディアを通して配布

参加者:56ヵ国の3762人の回答者が調査を完了。1166人(33.7%)が40~49歳、937人(27.1%)は50~59歳、905人(26.1%)は30~39歳。2961人(78.9%)は女性、718人(19.1%)は男性、63人(1.7%)はノンバイナリー(自らを男性・女性のどちらでもないと認識している)。8.4%は入院したと報告。27%は検査でCOVID-19と診断されたと報告。96%は症状が90日以上あると報告。

結果:このコーホートにおいては、10の臓器系にわたり205の症状を示し、66の症状は7ヶ月以上に及んだ。回答者は、平均で9.08個(95%信頼区間、9.04~9.13)の臓器系において、様々な症状を経験していた。6ヶ月以降に報告された症状の中で一番多かったのは疲労(77.7%、74.9%~80.3%)、労作後の消耗/体調不良(72.2%、69.3%~75.0%)、認知機能障害(55.4%、52.4%~58.8%)だった。この3つの症状が、報告された全部の症状の中でも一番多かった。90日以内に回復した人で症状が最も多かったのは第2週目(11.4、9.4~13.6)で、90日以内に回復しなかった人で症状の数が一番多かったのは2か月目(17.2、16.5~17.8)であった。

6ヶ月以上症状があった回答者は、7か月目に平均で13.8(12.7~14.9)個の症状を経験していた。85.9%(84.8%~87.0%)が、主な引き金として、運動、身体的あるいは頭を使った活動、そしてストレスの後にぶり返しを経験していた。回復した回答者の44.7%(38.5%~50.5%)に比較し、まだ回復していない回答者の86.7%(85.6%~92.5%)は調査時に疲労を経験していた。45.2%(42.9%~47.2%)は、発症前に比べ就業時間を減らす必要を報告しており、22.3%(20.5%~24.3%)は、健康状態がすぐれず調査時に働いていなかった。

結論:長引くCOVIDの患者は長期間、多系統にわたる症状や著しい身体的障害を報告している。ほとんどの人は6ヶ月たっても以前の就業レベルには戻っていない。多くの患者は7ヶ月以内には回復しておらず、非常に大きな症状の負荷が継続している。

※英語の原文はこちらからご覧頂けます