20.12.10Care Netに国際医療研究センターの調査

12月10日付のCare netに、「Long-COVID:専門医が語る新型コロナ後遺症の実態」と題して、国立国際医療研究センターのコロナ後遺症の調査についての記事が掲載されました。

国立国際医療研究センターの研究チームは、COVID-19後遺症に焦点を当てた論文を10月に発表しました。発症から120日超の時点でも依然続く呼吸苦や倦怠感、咳などを訴えたり、数ヵ月後になって脱毛を経験したりした人がいたことがわかりました。 “Long-COVID”はどのようなものなのか。論文の責任筆者である森岡慎一郎氏(国際感染症センター)に話を伺いました。

Long-COVIDという言葉は包括的な概念で、7月あたりからCOVID-19の後遺症にフォーカスした研究が出始めていました。一方、われわれの研究のきっかけは、回復者外来で罹患後かなり経過しても症状が続いているという訴えが少なくなかったことです。エボラやデング熱でも後遺症はあり、COVID-19ではどうなのか、正確なデータを客観的に収集しようということになりました。

COVID-19の場合は、症状が長く後を引き、倦怠感や呼吸苦があって仕事に行けないなど日常生活に影響を及ぼす症状が多く、大きな社会的問題にもなりうるので、その点は懸念していました。その中で「髪が抜ける」という訴えで来院する患者さんが相当数確認され、晩期症状としての脱毛を検証しようという方針になりました。研究対象者の24.1%で脱毛が見られたのは、個人的には予想以上の頻度であり、驚きでした。また、罹患後120日経っても嗅覚障害を訴える人が10%程度いたのも、長引く後遺症の1つとして注目すべき点です。

今回の研究では、120日時点でひとまず調査を打ち切っていますが、追加調査でより多くの患者さんの協力を得て、年明け(2021年)以降に開始する予定で、おおむね1年間の追跡期間で、後遺症がどれだけ続くかという観点でより深い調査を実施したいと考えています。

COVID-19は、人によって多様な症状や期間の後遺症が出てくるという意味で、非常に特異的です。COVID-19は無症状であるケースも多く、水際で100%防ぎきれません。どれだけ症状を詳しく聞き、発熱に注意したとしても、ウイルス排泄は発症の2日前から始まり、0.8日前にはピークを迎えており、感染対策という点で対応しづらいウイルスであることを実感しています。

開業医の先生方は今後、いかに急性期病院と連携し、ケアを進めるかというフェーズが重要になってくると思われます。まずは患者さんの話をよく聞き、症状や後遺症もあるということを認めてあげるというのが大事なポイントになってきます。COVID-19回復後のうつ症状や記銘力低下、無気力など、さまざまな知見の蓄積により、徐々にそれらがLONG-COVID-19の概念として認知されつつあります。

コロナに罹患した方は、経済的、社会的、家庭的にかなり追い込まれており、加えて後遺症が重なると、最悪のケースとして自殺も懸念されますので、まずは「大変でしたね」と患者さんを受容することは非常に重要です。実際にどのくらいの人が、どの程度、どんな後遺症がどのくらいの期間続くのかという客観的データを収集し、エビデンスに基づいた情報提供をすることがわれわれの使命だと思っています。医療者側も患者側も、「正しく知り、正しく恐れる」ことが非常に重要です。