20.12.4日弁連の新型コロナ差別ホットライン

12月4日~10日の人権週間において、日本弁護士連合会によって「新型コロナウイルスと偏見・差別・プライバシー侵害ホットライン」が実施されます。電話・ファックス・メールにて、無料で相談に応じて頂けます。

日  時:12月4日午前10時~午後8時、12月5日午前10時~午後5時
電話番号:0120-320-794
FAX番号 :03-3580-2896
メール :jfba-hotline@nichibenren.or.jp
※メールでの相談は12月4日~10日まで受け付けています。

感染を理由に解雇されたり、SNSで中傷されたりしても、法的な解決につなげようとする動きは鈍く、「差別を受けたと声に出すとまた差別されるという負のスパイラルが起きている。現状を把握し、対応していく必要がある」と日弁連の人権擁護委員長は話しています。

主催:日本弁護士連合会
問合せ:日本弁護士連合会人権部人権第一課 03-3580-9815

詳しくは日本弁護士連合会のHPをご覧下さい。