20.11.15朝日新聞にCOVID-19の脳への影響

11月15日付の朝日新聞に、「脳に障害 免疫の暴走の影響か~脳への直接感染の報告も」と題する記事が掲載されました。新型コロナウイルスは脳にも感染し、「深刻な脳障害を起こす恐れがある」という報告が相次ぎます。髄膜炎や脳炎、意識障害のほか、記憶障害が出る人もおり、後遺症が心配されます。

3月に山梨県に住む20代の男性が、意識を失ったままけいれんし、嘔吐したまま床に横たわっていたところを発見され、脳脊髄液をPCR検査で調べると、新型コロナ陽性でした。髄膜炎とみられ、脳のMRIでは記憶領域にあたる海馬に炎症がありました。退院後は、直近1、2年間の記憶があいまいになったといいます。英国では、発熱や頭痛を訴えた後に意識障害を起こした59歳の女性が、入院後に新型コロナに感染していることがわかり、急性壊死性脳症と診断され、集中治療を受けましたが、入院10日目に死亡したと報告されています。

ドイツのチームは7月、新型コロナの神経症状について、92本の論文や報告を分析しました。感染者の20%に頭痛、7%にめまい、5%に意識障害があり、髄膜炎や脳炎、ギラン・バレー症候群も数例ながら報告されました。7月に英国のチームが発表した論文でも、新型コロナに感染、あるいは感染の疑いのある43人のうち、10人にせん妄などの脳機能障害、12人に脳炎、8人に脳卒中の症状がありました。

専門家は、ウイルスが嗅神経や血管を通って脳の細胞に直接感染する場合と、脳以外の臓器への感染が引き金になる2パターン考えられると指摘しています。前者の場合、脳内で増えたウイルスが炎症を起こし、脳の中枢神経を傷つけます。後者の場合、ほかの臓器への感染により「サイトカインストーム」が起き、全身に炎症が起き、脳の中枢神経にも影響を与えます。

米国のエール大学の岩崎明子教授らのチームは9月、ヒトのiPS細胞に由来する神経細胞でできた脳のミニ組織を使い、ウイルスが神経細胞に感染することを明らかにしたと発表しました。国内でも、慶応大の岡野栄之教授らが、iPS細胞から神経細胞をつくって研究しています。田口文広・元国立感染症研究所室長は、「どんなメカニズムだとしても脳への影響は起こりうる。できるだけ感染しないよう予防策を取ることが大事だ」と話します。