20.8.25ElementalにCOVID-19とME

8月25日のElemental(健康とウエルネスのサイト)に、「COVID-19と慢性疲労症候群の新たに出現した関連性」と題した記事が掲載されました。サブタイトルは「慢性疲労症候群がCOVID-19後症候群を理解する鍵を握っているかもしれない」

パンデミックが継続するにつれ、多くのCOVID-19患者(大多数かもしれない)か、様々な「ウイルス後」の症状と闘っていることを、専門家達は認識し始めました。ウイルスが完全に回復していない人々の、慢性疲労症候群という誤解を与える病名で良く知られている病気の誘因になる可能性があるという疑いが増しています。

「長期にわたる疲労、ブレインフォグや他の持続的症状が、多くのCOVID-19患者から報告されています。これらのウイルス感染後の症状は、筋痛性脳脊髄炎やME/CFSとも呼ばれる慢性疲労症候群の典型的な症状です」と、カルフォルニア大学バークリー校の感染症の専門家で名誉教授のジョン・スワツバーグ先生は語ります。「ME/CFSを発症する患者は、ウイルス感染がきっかけとなることが多いですから、新型コロナウイルスも原因になると思います。」

7月に米国医師会誌JAMAに、元COVID-19患者の大部分が、入院後に退院して、もはや感染の検査が陽性ではなくなり、表向きには回復とされた時期から数ヶ月後も、健康問題と闘い続けていることが示されたというイタリアの報告が発表されました。回答した143人の内、退院60日後に症状がなかったのは18名だけでした。回答者の半分以上は3つ以上の症状があり、最もよくある症状として挙げられたのが疲労でした。

最近の記者会見で米国国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、「多くのCOVID-19患者が、著しくME/CFSに似た健康問題を報告しています。何人かに聞いた話を基にすれば、いわゆる回復後に何週間にもわたって、多くの点で普通には生活できなくなってしまうウイルス感染後症候群にかかっている人が相当数いることは、疑いようもありません」と語りました。回復中のCOVID-19患者が最もよく報告する症状として、ブレインフォグ、疲労、集中力低下に言及しました。「これは恐らくCOVID-19に関連したウイルス感染後症候群でしょうから、我々は本当にこのことに真剣に目を向ける必要があります。」

「今ではME/CFSは著しい慢性疲労を引き起こす病気であり、心因性の病気ではないことが広く受け入れられていると思います」とスワツバーグ名誉教授は語ります。「ME/CFSは最も汚名をきせられた病気の一つだと言えます」と、シカゴのデポール大学の臨床心理学教授でありME/CFSの研究者であるレオナード・ジェイソン博士は語ります。「簡単な血液検査や検査室検査がないことが問題の一部です。スタンフォード大学の最近の研究で、ME/CFSのバイオマーカーになる可能性を同定しました。」

専門家が知っていることは、ME/CFSは感染症に続いて発症することが多いことです。「過去にME/CFSと診断された80%の症例は、ある種の感染、典型的にはウイルス感染に起因することを知っています。EBウイルスや、コロナウイルスの一種であるSARSやMERSがME/CFSの誘因となります」と、Solve ME/CFS InitiativeのCEOのオヴェド・アミティー氏は語ります。COVID-19の集団発生の最初から、彼や同団体のメンバーは、体を衰弱させるような疲労や他のME/CFSの症状が報告されると予期していました。

ジェイソン博士は、古い研究はウイルス感染を発症したかなりの人がME/CFSに移行することを示唆していると語ります。「6ヶ月後に具合が悪い人は、10%くらいだと思いますが、もっと多い可能性があります。ウイルスの一部が人々の体にまだ残っていて、問題を引き起こしているのかもしれません。」一般的な検査ではウイルスの持続的存在が明らかになりませんが、ウイルスの構成要素が脳や体に隠れていて、害を及ぼしている可能性があります。

COVID-19患者におけるウイルス感染後症候群に関する2020年の論文の著者たちは、SARSウイルスは血液脳関門を超え、ME/CFS患者に見られる「障害」に似た不適切な炎症反応を起こすことで知られていると指摘しています。脳や視床下部内の炎症は、発熱のような短期的症状や、睡眠と覚醒のサイクル障害や認知機能低下、極度の消耗などの長期的症状を引き起こす可能性があると書いています。

「感染によって免疫系がやられ、それによって脳に構造的な損傷が起きると、我々は考えています」とジェイソン博士は語ります。伝染性単核球症後にME/CFSを発症した大学生に関する最近の研究は、特定の免疫系の要因によって誰がより発症するリスクが高いかを予測できる可能性を示唆していますが、更なる研究が必要ですと博士は語ります。「つい最近まで、ウイルス後症候群とME/CFSに対する医療界の関心は非常に低かったですが、新型コロナウイルスがそれを変える可能性があります。」

英語の原文はこちらからご覧頂けます