20.11.1AERAdot.に「コロナ関連差別解消法」案

11月1日付の「AERAdot.」に、「『コロナは自己責任だと思っていた』 国会議員初の感染者・高鳥修一氏が語る差別解消法への思い 」と題する記事が掲載されました。

「これまで、新型コロナウイルスにかかるのは感染者の『自己責任』だと思っていましたが、自分が感染してみて初めて、その認識は誤りだったと気付きました」と語るのは、自民党の高鳥修一・衆院農林水産委員長です。現職の国会議員として初めて感染を公表。9月18日に入院、10月2日に退院しました。感染経験を機に、現在はコロナ感染者・医療従事者と家族を偏見や差別から守るための法案を議員立法で今国会に提出する準備を進めています。

コロナに感染する前は、自民党筆頭副幹事長兼総裁特別補佐として、給付金など新型コロナウイルス関連の経済対策について、安倍前首相に官邸で説明をする立場にいました。感染症対策に非常に気を配り、マスク着用は当たり前、ポケットには常に自分用の消毒液を持っていて、消毒や手洗いをこまめにやっていました。

飲み会や夜の街には行っていないし、感染症対策もしていましたが、それでも自分はうつってしまいました。どんなに気を付けていても、感染が起こる時は起こり、全てが「自己責任」では済まされないのだと思い至りました。

毎朝、50回腕立て伏せをする習慣ですが、20回ほどやったら力が入らなくなり、初めて「何か変だ」と思いました。朝は体温が37度でしたが、1時間後には37度5分、病院では38度4分で、その場で医師から検査を薦められました。抗原検査で10分後に「陽性」と判定され、そのまま入院しました。

非常にショックで、「感染の事実をできれば隠したい」と思いました。「第1号」というのは派手に取り上げられますし、感染を公表し大量の脅迫電話がかかってきた、子どもが学校でいじめられて引越しを余儀なくされたといった話も耳に入っていましたので、自分もバッシングを受けるだろうと思いましたが、私が隠すことでもし国会で感染が広がることがあれば申し訳がないので、公表を決意しました。

公表後に職員のお子さんがスポーツクラブの利用を控えてほしいと言われることがあり、理不尽な差別やバッシングは相当数起こっていることを認識しました。このような状況が続けば社会の分断が深まるだけですし、このままでは感染を隠そうとする人が増えるのではないかと大いに懸念します。公表されるとバッシングを受けてしまう可能性がある場合、たとえ咳や熱が出ても解熱剤を飲んで我慢する人が増えれば、結果として、水面下で感染を拡大させるリスクが広がっていくと思っています。 

台湾でコロナ感染者100名とその濃厚接触者2761人を対象とした調査が行われ、新型コロナが他人にうつるのはコロナ発症日の2日前から発症して5日目まで。6日目以降にうつされた人はいなかったそうで、日本でも同様の傾向が見られると医師から話を聞きました。また、回復者や退院者には抗体があり、3~4カ月は機能すると言われています。でも現実的には、多くの人が「怖いから」と何となく感染者を避けてしまっています。

社会全体で差別を止めるための、「新型コロナウイルス感染症関連差別解消法」(仮称)という理念法を考えています。行政による相談支援体制の充実を図ることも狙いとしています。主な対象は感染者本人とその家族ですが、医療関係者とその家族の人権を守る内容も盛り込む予定です。ある行為が「差別」と呼べるか否かなどの詳細はこれから詰める予定ですが、重視しているのは、行為自体に「合理性がある」と言えるかどうかです。

現状想定している、いくつかのケースを挙げてみます。たとえば、コロナウイルスの潜伏期間中、感染に気づかず百貨店・飲食店・ホテルなどを利用し、感染が明らかになった後、事業者側が「風評被害を受けた」と謝罪と損害賠償を求めるケース。あるいは、タクシーの運転手が、マスクをしない客を乗車拒否した場合はどうか。

 法案の呼びかけ人は私を含めて6名いて、これから協力者を募っていく予定です。勉強会を通し、どのような差別の事例があるのか各省から聞き取りを行った上で今国会での成立を目指します。感染者や家族への差別・偏見をなくし、社会復帰上の障害を減らすことに重点を置く考えです。