20.10.16TIMEにCOVID-19とME/CFSの記事

10月16日付のTIMEに、「『長引くコロナウイルス』について間違って理解していたのか」と題する記事が掲載されました。

数年前、ジェイミー・セルツァー氏は、ME/CFSの研究をしているスタンフォード大学の研究グループのために、研究プログラム、助成金の申請、資金調達のコーディネイトを手伝っていました。「どうしたら研究者達がMEを真剣に捉えてくれるのか」と、彼女は同僚とよく言い合っていました。ME/CFSは多くの場合、ウイルス感染後に発症しますので、科学コミュニティが注目するには、集団の疾患のような破壊的なものでも起きなければだめかもしれないと思っていました。

残念ながら今年、彼らが正しかったことが証明されました。COVID-19のパンデミックが広がるにつれ、何か月にもわったって疲労やブレインフォグ、慢性の痛みなどに苦しんでいる、約10%と推測される特異な一群の新型コロナウイルス患者のことを、研究者達はますます心配するようになってきています。彼らの多くがME/CFSの診断基準を満たすでしょう。セルツァー氏が予測した通り、ME/CFSの可能性のある新しい患者達が押し寄せたことで、かつてほとんど知られていなかった病気に、注目が集まりました。

多くの医師はME/CFSについて何も知らないに等しく、ME/CFS患者なら誰もが、信じてもらえなかったとか、体を衰弱させる症状は心因性のものだと説得されそうになったという経験をしています。世界中の注目が集まり、医学界の研究費がCOVID-19に向けられる中、臨床医達が「長引いている人々」やME/CFS患者を真剣に捉え、数週間で一掃されるはずのウイルス性疾患が、何十年も持続しうる根本原因に着目するなら、「長引く新型コロナウイルス」についての見解がそれをついに変える可能性があります。

ME/CFSは、医療界において「論争中の病」、つまり詐病だと考える人もいる病気として、歴史的に知られています。体を衰弱させる様々な症状にも関わらず、患者の臨床検査に異常はないため、心因性と片付けることは簡単です。新型コロナウイルスが「長引いている」多くの人々も、同様の不当な扱いを受けてきました。「長引いている人々」のサポートグループには、医師が懐疑的だった、侮辱的だった、全く信じてくれずに助けにならなかったという、数えきれない話が届いています。米国のいい加減な新型コロナウイルスの検査体制のために、多くの「長引いている人々」は自分がCOVID-19に罹っていたと証明できず、治療を確保するためには大きな頭痛を抱えています。

しかし、科学者やメディア、一般の人々の注目を引くのに十分な数の「長引いている人々」が体調を崩し、一斉に声を上げています。新型コロナウイルスからME/CFSに移行したことを十分に論証するために、COVID-19の検査か抗体検査で陽性になったという患者が十分に多くいます。

1980年代からME/CFS患者を診てきた、ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の医師であるアンソニー・コマロフ先生は、「確かにCOVID-19に罹っていたことが確定され、疑いようもなければ、信じられるようになる」と語っています。「最終的に米国だけでも何百万という人々に影響が及ぶだろうと言うことを付け加えれば、新たな関心を引くと思うし、そうあってほしいと思います。」

「新型コロナウイルスのパンデミックは、時間がたてば一種のMEのパンデミックを作り出す可能性が非常に高いです」と、ME/CFSの研究者であり、マサチューセッツ総合病院の外科医であるロン・トンプキンス先生は語ります。

新しい患者が殺到することは、ウイルス疾患がいつまでも続く理由の解明に大いに役立つ可能性があります。ME/CFSの研究界には複数の仮説がありますが、病気の時に動きだす脳の一部にまで、この病気をたどることができると、コマロフ先生は信じています。その部分とは、体が感染の除去に焦点を合わせることができるよう、エネルギーや食欲を奪う部分です。「脳のこの中央部分のスイッチが入り、何らかの理由によりそのスイッチが消せなくなる」とコマロフ先生は語ります。

 初期の患者を捉えることで、ウイルス疾患がME/CFSに移行する経緯と理由を研究者達が理解するのに役立つ可能性があります。多くのME/CFS患者が見識のある医師を見つけるまでには、何年もたっており、過去に遡って、疾患の手がかりとなるようなバイオマーカーや炎症のきっかけを探すことを困難にしています。COVID-19が「長引いている人々」において、研究者達がこの病気の原因を学べる見込みが大きい可能性があると、米国国立衛生研究所(NIH)でME/CFSを研究しているアビンドラ・ナス先生は語ります。

「長引く人々」が研究のために自主的に登録する「You∔ME」と呼ばれるレジストリ―があります。NIH、オープン・メディソン・ファウンデーションや他のグループも、長引く新型コロナウイルスとME/CFSの関係を研究しています。5月にはメリーランド州の下院議員であるジェイミー・ラスキン氏は、ME/CFSと新型コロナウイルスの関連を調べる研究のための資金をNIHに当てる法案を発表しました。その法案はまだ下院も上院でも採択されていません。

医療体制は、ME/CFS患者が殺到する準備ができていません。ME/CFS患者を治療する知識の豊富な医師たちが今でも十分いないのに、もし患者数が倍増すれば、どうなるのかコマロフ先生は自信がありません。

ME/CFS患者の状況が向上するかは、新型コロナウイルス後症候群を別の病気と診断するのではなく、新型コロナウイルスがME/CFSに移行すると最終的に判断する医師たちにかかっていると、トンプキンス先生は付け加えました。「この2つ(ME/CFSと新型コロナウイルスから移行したME/CSF)には少しの違いもありません。」

長引く新型コロナウイルスに突然、関心が寄せられたことは、何百万というME/CFS患者や、この数年間に発症する何百万人もの患者達に、答えと正当性を提供するのに役立つと信じるのには理由があります。オレゴン州のME/CFS患者のクーパー氏は、「これによってさらに研究が進む扉が開くのではないかと非常に期待しています」と語っています。