20.9.16Care Net:コロナは男性で重症化しやすい

9月16日付のCare Net(HealthDay News提供)に、「COVID-19が男性で重症化しやすい理由の一端を解明」と題する記事が掲載されました。詳細は「Nature」8月26日オンライン版に掲載されました。

新型コロナウイルスに対する免疫システムの反応が、男女間で異なることを示す研究結果が発表されました。この研究を実施した米イェール大学の岩崎明子先生らは、「女性と比べて男性ではCOVID-19が重症化しやすく、死亡リスクも高い理由の一端を説明し得る結果」と、同大学のニュースリリースの中で述べています。

岩崎先生らによると、世界のCOVID-19による死亡例の約60%を男性が占めており、「我々の研究によって、COVID-19患者における免疫の全体像に性差があることを示す明確なデータを得ることができた。男性が重症化しやすいことには、このような免疫系の性差が関係している可能性がある」と説明。また、「治療薬やワクチン投与に際して男女ともに同程度の効果を得るためには、性差に基づくアプローチが必要であることを示唆する研究結果」との見方を示しています。

今回の研究で、男性ではIL-8やIL-18などの炎症を起こす数種類のタンパク質(サイトカイン)の量が多いなど、女性と比べて感染初期の免疫反応に違いのあることが判明しました。COVID-19の重症例では「サイトカインストーム」と呼ばれる状態に陥ってしまうことがあり、サイトカインストームが起こると、肺に水がたまって血液中の酸素が不足したり、組織の損傷やショック状態、多臓器不全に至る可能性があります。男性は感染初期にサイトカインの濃度が高くなりやすく、こうした深刻な状態に陥るリスクが高まると考えられます。

一方、女性は男性よりも、T細胞の活性が高いことが明らかになりました。男性では女性よりもT細胞の反応が弱いため、そのことも男性がCOVID-19に罹患すると重症化しやすい一因である可能性があると岩崎先生らは指摘しています。ただ、女性でも感染初期にサイトカインの量が多い人は、重症化する頻度が高いそうです。