20.7.3日本の研究.comにNCNPの論文の記事

7月3日付けの「日本の研究.com」に、「筋痛性脳脊髄炎(ME/CFS)の自律神経受容体抗体に関連した脳内構造ネットワーク異常を発見」と題して、国立精神・神経医療研究センター(NCNP)の研究グループが、ME/CFSの自律神経受容体に対する自己抗体に関連した脳内構造ネットワーク異常を明らかにしたことが、取り上げられました。

ME/CFSは、労作後の極端かつ遷延する体調悪化を特徴とし、睡眠障害、高次脳機能障害、自律神経障害などを認める難治性疾患です。最近の研究では、自律神経系の神経伝達物質であるノルアドレナリンやアセチルコリンの受容体に対する自己抗体がME/CFSの病態に関与する可能性が示されています。今回、MRI画像を用いた構造ネットワーク解析を行い、抗自律神経受容体抗体価との関連について調べました。その結果、抗β1および抗β2アドレナリン受容体抗体が、ME/CFS患者の痛みを始めとする様々な症状を説明しうる脳内の特定の部位の異常と結びついていることが明らかとなりました。

本研究成果は7月1日に、米国のオンライン雑誌「Journal of Neuroimaging」に掲載されました。