20.7.9東京新聞に新型コロナ「後遺症」の記事①

20.7.9東京新聞コロナ後遺症①7月9日付けの東京新聞に、「新型コロナに『後遺症』か~5月から自宅療養の男性『起き上がれない日も』」と題して、新型コロナウイルスの「後遺症」について取り上げられました。新型コロナ感染者で、陰性になった後も息切れや発熱などの症状を訴えるケースが見つかり、コロナの「後遺症」が続くなら、若者も十分な注意が必要ということになり、学会は近く調査に乗り出す予定です。

新型コロナウイルスに感染し、自宅療養が続く千葉県内の十代男性は、3月末に発症し、4月1日にPCR検査で陽性と判明。約2週間の入院後、県が用意したホテルで経過観察に。5月中旬に陰性の検査結果が出て帰宅しました。

ところが、体重も落ち体調は回復しておらず、頭や胸の痛み、発熱や倦怠感がよくあり、「倦怠感がひどい日はベッドから起き上がれない」と言います。先月、検査入院し、血液検査や肺のコンピューター断層撮影(CT)で大きな異常は見つかりませんでしたが、当初から同じ症状が続いていることなどから「新型コロナに罹患した影響」と診断されました。

少しずつ回復しているものの、学校には4月から登校できていません。陽性だった時期の入院中の医療費などは公費で全額補助されましたが、陰性後の検査入院や通院は保険診療です。男性は「陰性になっても症状に悩まされる患者がいることをもっと知ってほしい」と語ります。

長く続く症状をネット上で訴える人も少なくありません。3月から倦怠感や腕のしびれに悩んでいる女性は6月下旬、患者やPCR検査で陽性から陰性になった人、長期にわたって症状がある人ら約400人にネットでアンケートを実施。主な症状で「微熱・倦怠感」を抱えている人が3割弱いたほか、「動悸・息苦しさ」と「胸痛・背中痛」がある人がそれぞれ2割弱いました。聖路加国際病院によると、6月5日時点で陰性が判明し退院・転院した患者67名の内、7人は筋力が低下するなど日常生活に支障がある状態でした。

日本呼吸器学会は早ければ8月にも患者の追跡調査を始める予定です。学会理事長は「呼吸器機能の低下のほかに、発熱、強い疲労感といった症状が出ると聞いており、こうした症状がどういう人にどの程度起こるのかは分かっておらず、実態を把握したい」と話します。