20.6.24NHKクロ現でCOVID-19後の体調不良

6月24日(水)にNHKテレビの『クローズアップ現代+』で、「新型コロナ 元感染者たちの告白」と題して、COVID-19後の体調不良などについて取り上げられました。

司会:日本で感染した人は18,000人あまり。その多くがウイルスを克服し、回復したと言われています。元感染者の人たちは今どう過ごしているのか。体験談を募集(「感染者の経験を今後に生かしていくために、新型コロナウイルスに感染した方の体験、意見を募集しています」)すると、長引く体調不良に苦しんでいるとの声がいくつも寄せられました。

元感染者の声:「3月の三連休に感染し、未だに闘病中です」「微熱、頭痛、関節痛など様々な症状が1ヵ月半以上続いています」
字幕:「熱が続いています」「味覚嗅覚の異常が治らない」「コロナの後遺症に悩まされています」「職場復帰はできていません」

司会:これまであまり語られることのなかった元感染者たちの肉声。回復後どんな人生を歩んでいるのでしょうか。誰もが罹患する可能性のある新型コロナウイルス。いち早く感染を経験した人の声に耳を傾けることで、ウイルスとどう共生していくべきか考えます。

元感染者が語る悩み。1つ目は症状がなかなか治らず、体調不良が長引くケースです。4月に新型コロナウイルス感染が判明した大学生(21)。PCR検査は陰性になってから2ヶ月以上経ちますが、今も体調がすぐれないといいます。3月から自宅で自粛していましたが、アルバイトのため、一度だけ電車で外出。5日後に発熱しPCR検査で陽性となりました。

大学生(21):37度7分あり、ちょっと高めですね。熱があると不安な気持ちにはなります。例えるならインフルエンザの10倍以上の辛さと、肋骨が骨折したくらいもがいて、寝返るたびに激痛が胸に走って。

その後一向に熱が下がらず、手のひらには湿疹が。症状は全く改善されませんでしたが、1ヵ月後にPCR検査を行うと、2回連続で陰性に。体内にはもうウイルスがいないと診断され、退院が決定しました。

大学生(21):体調的には全く変わらなくて、本当に陰性なのかなって疑うレベルでした。

感染から2ヶ月。発熱や頭痛は今も続いています。はっきりした原因は分かりませんが、医師の見立てでは、免疫力全体が落ちているか、長い療養生活による心因性の可能性もあるといいます。大学も休学せざるをえませんでした。

大学生(21):コロナに感染する前は、2週間ぐらいで治る病気なのかなという認識でいましたけど。(大学の)オンライン授業を見ることも結構きついし、それを覚えてテストするとなると、今の僕には到底できない。

検査で陰性となった後も長く続く体調不良。番組で体験談を募ったところ、同様の悩みが多く寄せられました。
元感染者の声:「私は3月上旬から現在も微熱が下がらず、全身に様々な症状が出ています。」「発症後50日経つが、味覚臭覚の異常が治らない」

長引く症状について、海外では研究も始まっています。フランスの病院(レンヌ大学病院)が行ったアプリによる調査では、この病院で診察を受けた感染者400人のうち、10~15%の人にコロナ感染症による長引く体調不良が見られたということです。症状は咳、頭痛、胸の痛み、重度の疲労感、息苦しさなど多岐に渡ります。

新型コロナの元感染者たちのもう一つの悩みは心の問題です。パート先で新型コロナウイルスに感染した40代の女性。4月初めに同僚が感染し、濃厚接触者だった女性も1週間後に発症しました。症状が軽く、ホテルに入所しましたが、なぜか後ろめたさを感じたといいます。ホテル療養だったため、一定期間を過ぎ、みなし陰性として検査なしで自宅に戻りました。はっきりと治った確証がないまま社会復帰していいものか、女性は1人悩みました。発症から2ヶ月たち、医師から他人に感染させる心配はないと告げられていますし、仕事も再開しましたが、感染の事実は絶対に知られたくないと話します。

長い時間がたっても続く元感染者達の葛藤。皆さんどう感じましたか?
字幕:「元感染者が抱える悩み――長引く体調不良 なぜか感じる”後ろめたさ”」

司会:退院した後も、体や心に長い間影響が続くという実態。改めてこのウイルスによる感染症の怖さを感じます。まずこの長引く体調不良。私たちの番組にも多くの声が寄せられています。沖縄県立中部病院感染症内科の医師で、厚生労働省の参与としてアドバイザーも務めていらっしゃる高山さん。長引く体調不良、実際に目にされますか。

高山さん:すっきり良くなる人の方が多いですが、いわゆる風邪と比べると退院後の体調不良を訴える方が多いという印象持っています。私の病院の経験でいうと、2割くらいの方が何らかの症状が数週間続き、中には1ヵ月経過しても臭いが戻らない、倦怠感が続くということをおっしゃる方がいます。

字幕:「2ヶ月以上続く症状――咳、頭痛、胸の痛み、重度の疲労、息苦しさ・・・」
司会:こうした長引く体調不良とウイルスでの関連性をどのように考えられていますか。

高山さん:まだわかっていないことが多いですけれど、大きく分けると4つ考えられると思います。
字幕:「長引く体調不良の原因――臓器障害(肺の損傷)、長い入院による体力低下、心理的・社会的ストレス、ウイルスが持続感染?」

石井光太 さん(現場を取材「独自の目線で社会を斬る」): このコロナの怖さは、その後の体調不良が続くと言うことだけではなく、例えば会社がコロナで休みで、お給料がないにも関わらず仕事ができないとか、大切な人に会えないとか、あるいはどこに行っても病歴を聞かれて差別された気持ちになるということ。つまりコロナが起こす社会問題と体調不良が合わさって、二重三重の苦しみに陥っているのではないかと思っています。大切な人を傷つけたくないという気持ちは揺るがないものだと思いますので、そこの部分であれば私達は必ず団結できるはずです。団結して一つの方向に向かうことが、最終的にコロナを克服することになるのではないかと思っています。