20.5.31 COVID-19後の体調不良のアンケ―ト

20.5.31COVID-19後の体調不良のアンケートCOVID-19の終息の見通しが立たない中、米国や英国の筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の患者団体は、新型コロナウイルス発症後数週間たっても通常の健康レベルに戻らないという多くの報告を受けています。

神経免疫系の難病であるME/CFSの流行は、歴史的にウイルス性の集団発生後に起きており、ME/CFS患者の大多数はウイルス感染が引き金となって発症しています。そのため、COVID-19がME/CFSの引き金になり患者が多発する可能性があり、それに備えるようにと多くの専門家は警告しています。

当会のHPの新着情報で、たくさんの記事を翻訳してご紹介しておりますのでご覧下さい。米国スタンフォード大学、ハーバード大学、スウェーデンのウプサラ大学、カナダのモントリオール大学に共同研究センターを持つ米国の研究団体(OMF)は、COVID-19とME/CFSの研究を開始すると発表しています。

当法人でも、新型コロナウイルス感染症からは回復したものの、体調が戻らない方の声を集めたいと思っています。下記のアンケートへのご協力を、どうか宜しくお願い致します。

対象者:PCR検査で陽性の結果が出た方に限ります
締切 :2020年7月末日

問合せ:NPO法人「筋痛性脳脊髄炎の会」
・Email:answertomecfs@gmail.com
・電話:080-4082-6287(10:00~19:00)

※厚労省に研究の必要性を訴えるためのデータとして活用させて頂きます。ご協力頂く方々の個人情報が外部に公表されることはありません。また、頂いた情報は厳重に管理し、上記の目的以外には使用致しません。