20.5.13Japan TimesにCOVIT-19後の影響の記事

5月13日付けのThe Japan Timesに、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復した人に数年にもわって深刻な健康の影響が及ぶ可能性」と題した記事が掲載されました。新型コロナウイルス感染症から回復しても色々な健康上の影響が長引く可能性について書かれています。

世界中で100万人以上の人が新型コロナウイルス感染症から回復したと思っていますが、最初の病気を撃退させたからといって、生きのびた多くの人にとってこれが多くの闘いの始まりに過ぎない可能性があります。回復した患者さんの中には、最初の感染から何か月たっても、息切れや疲労、体の痛みを報告する人達がいます。

香港と中国の武漢で実施された小規模研究において、回復者が肺、心臓、肝臓の機能低下と格闘していることが示されています。これは氷山の一角にすぎない可能性があります。新型コロナウイルスは呼吸器系以外の多くの体の部分を攻撃し、眼球からつま先まで、腸から腎臓までダメージを与えることが、今ではわかっています。

新型コロナウイルス感染症がどのように傷跡を残しうるのかを知る手掛かりを得るために、医師や研究者達はSARSの経験に目を向けています。SARSから回復した人の中には、最初に病に倒れた時から数年たっても長期間にわたる影響に苦しんでいる人がいました。SARSは新型コロナウイルスと同じ科のウイルスです。

中国の研究者は、25人のSARS患者をウイルス感染後12年間に渡り研究し、SARSに感染しなかった対象群の人々と比較しました。SARSから回復した患者の半分以上は、SARS以降に他の肺感染症にかかっており、コレステロール値も高いことが分かりました。「これらのデータから、回復してから12年後のSARS患者は、生活の質が低下しており、炎症や腫瘍、糖代謝異常、脂質代謝異常になりやすいということが示された」と研究者は書いています。

希望はあります:早期介入がコロナウイルス患者の長期的予後に関する役割を担った可能性があると、香港大学医学部のイワン・フン教授は語ります。香港市のある病院のクリニックで診療した約200人の退院患者の90%は、一ヶ月後に完治したようだと、4月に語りました。

この治療効果は、香港市が「早期診断・早期治療」したことで、ウイルスが体に大きな打撃を与える時間を減少させたことによると教授は考えます。検査が均質でなく不十分で、重篤な症状がある人だけしか治療を受けられないアメリカやイギリスのような多くの国では可能でないかもしれません。

病院や研究者達は患者レジストリを開始し、長期的に回復者を研究するためのデータを集める予定です。「多種多様な症状を持った大規模の感染が起きた、武漢やニューヨーク、ミラノ、パリのような都市において実施できる可能性のある疫学調査が必要です」と、細胞生物学の研究が専門であるブルゾーネ香港大学客員教授は語りました。

英語の原文はこちらからご覧いただけます