20.4.30英国ME協会のCOVID-19とMEの記事

イギリスの伝統のある患者会であるイギリスME協会のHPに、顧問医師であるシェパード先生による「新型コロナウイルとウイルス感染後疲労症候群」と題する記事が4月30日に掲載されましたので、一部をご紹介します。新型コロナウイルス(COVID-19)感染に続き、ME/CFSの新たな症例が多発する可能性について書かれています。

それまで健康だった方がコロナウイルスに感染(または感染した可能性がある)し、発症後数週間たっても通常の健康レベルやエネルギーレベルに戻ることができないという報告を、当会では受け始めています。これらの報告は主に、自宅療養で入院を必要とするほど深刻な感染には至らなかった方々からのもので、医療従事者からの報告も含まれています。ウイルス感染後疲労(PVF)、またはウイルス感染後疲労症候群(PVFS)にかかった方もいらっしゃるようです。

ME/CFS患者が感染し、ME/CFSの症状が著しく悪化、特にエネルギーレベルがさらに低下したという報告も受けています。当ME協会は、ウイルス感染後に長期にわたる体を衰弱させるほどの強い疲労(時には他の症状も伴う)を経験する人や、別のものに感染した後に再発するME/CFS患者の対応において、多くの経験を有しており、コロナウイルス感染後の疲労に続き、ME/CFSの新たな症例が多発すると予想しています。

コロナウイルス感染後に疲労が持続する状態は、他のウイルス性疾患よりもかなり複雑に見えます。また、疲労とエネルギー不足がコロナウイルス感染の非常に特徴的な症状であることが判明しつつあり、さらに深刻である可能性もあります。

感染後あるいはウイルス感染後疲労の明確な原因は未だに不明ですが、感染の急性期に、疲労、エネルギーの喪失、筋肉痛や疼痛、全身の不調を感じる理由の1つは、サイトカインと呼ばれる化学物質が産生されるからです。これらの免疫系化学物質は、いかなるウイルス感染に対しても最前線の攻撃の一部を形成します。 そして、興味深いことに、コロナウイルス感染により深刻な呼吸器合併症を発症する人では、「サイトカインの急上昇」に関連する過剰な免疫反応が原因である可能性があります。

感染の急性期が終わった後、ME/CFSのように疲労やインフルエンザ様の症状が長期間続く場合、急性感染に対しては全く正常な免疫系反応が、正常に戻っていないことを示すエビデンスがあります。

英語の原文はこちらからご覧頂けます