19.12.19公明新聞に党合同会議で勉強会の記事

12月19日付けの公明新聞に、「診療体制の整備が課題~党合同会議で識者 筋痛性脳脊髄炎巡り訴え」と題して、12月18日に公明党厚生労働部会(部会長=高木美智代議員)と難病対策推進本部(本部長=江田康幸議員)、障がい者福祉委員会(委員長=山本博司議員)が、合同で厚生労働部のME/CFSの勉強会が開催されたことを、写真入りで取り上げて頂きました。

18日に衆議院第二議員会館で、国立精神・神経医療研究センターの山村隆特任研究部長から、日常生活に支障を来す神経系の病気「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群に関する講演を聞きました。山村氏は、診療可能な医療施設が少ない日本の現状を改善する必要性を強調。欧米で研究が進んでいることに触れ、「免疫治療の有効性が示され、新薬の治験も検討段階に入った。治療薬を日本の患者に届けたい」と訴えました。

NPO法人「筋痛性脳脊髄炎の会」理事長は、新し治療薬の実用化などに向け、研究費の支援を求めました。