20.3.27JDFが要望を総理・厚労大臣に提出

当会が加盟している日本障害者協議会(JD)が加盟している日本障害フォーラム(JDF)は、今般の新型コロナウイルスの対応についての要望「新型コロナウイルス感染症に関する要望(第一次)」を、3月27日付けで内閣総理大臣と厚労大臣宛てに提出致しました。
・・・・・・・・・・・・・

対策にあたっては、障害者権利条約第11条(「危険な状況(…人道上の緊急事態及び自然災害の発生を含む。)において障害者の保護及び安全を確保するための全ての必要な措置をとる」)等を踏まえ、次のことに十分留意されるよう要望します。

1.誰一人取り残さない対策と、障害当事者の参画
2.予防・検査・医療体制
3.情報提供と相談体制
4.サービスの継続確保・障害者支援事業所等の支援
5.障害者の生活支援、人権擁護等

「2.予防・検査・医療体制」では、「マスク、消毒液、手袋等の衛生用品、必要な医療用品を、障害者、および支援者・支援事業所に優先的に供給してください」「検査ならびに医療を、必要な障害者がすみやかに/優先的に受けられるよう、手順を明確化してください」とし、「例えば呼吸障害のある人、人工透析を受けている人、難病のある人などは特に優先順位を上げるなどの、きめ細かな配慮」もお願いしています。

「4.サービスの継続確保・障害者支援事業所等の支援」では、「今後とも想定される休校、事業所等の休業、外出制限などにより、障害者が必要な支援から隔離されたり、または福祉サービスの利用を実質的に制限されることのないようにしてください」「障害者支援事業所等が事業を継続できるよう、支援してください」と求めています。

「5.障害者の生活支援、人権擁護等」では、「障害者に対する物品や資金の特別支援を行ってください」と求めています。

要望書の全文はこちらからご覧頂けます