19.10.28映画の先生方の発言をYouTubeで公開

当法人で製作しました日本のME/CFS患者の実態を描いたドキュメンタリー映画「この手に希望を~ME/CFSの真実~」の中の、3人の先生方の発言をYouTubeで公開致します。このドキュメンタリー映画は、日本医師会の横倉会長や前日本神経学会代表理事の高橋良輔先生からも推薦を受けております。

①山村隆博士のインタビュー
「ME/CFSの研究はどこまで進んでいるか」
https://www.youtube.com/watch?v=4lcdzENaN-E&t=4s

国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部長の山村隆先生(神経内科医)が、ME/CFS研究の最前線を語ります。

・ME/CFSは疲労の病気ではなく神経系疾患
・研究によって免疫異常が明らかに
・研究の将来の展望

②コマロフ教授のインタビュー
「ME/CFSは疲労の病気ではない」
https://www.youtube.com/watch?v=7LUkFtNYo-g&t=1s

ME/CFS研究の第一人者であるアンソニー・コマロフ教授(ハーバード大学医学部教授)がME/CFSは疲労の病気ではないと語ります。

③クライマス教授のインタビュー
「ME/CFSは神経免疫系の疾患」
https://www.youtube.com/watch?v=ZctEaK3H5ug

国際ME/CFS学会前会長であり免疫学者であるクライマス教授(ノヴァサウスイースタン大学教授)が、ME/CFSは神経免疫系の疾患であると語ります。

※神経系の難病であるME/CFSについてはこちらをご覧下さい

※ドキュメンタリー映画「この手に希望を」についてはこちらをご覧下さい