19.2.23埼玉の難病カフェで資料展示

2月23日(土)に埼玉会館ラウンジにおいて、RDD埼玉実行委員会主催、埼玉県障害難病団体協議会共催で、難病カフェが開催されます。RDDとはRare Disease Day(希少疾患の日)のことで、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質の向上を目指して、スウェーデンで2008年に始まった活動です。2月の最終日は、世界希少・難治性疾患の日です。

難病カフェとは、難病患者やご家族(当事者)が、病名にとらわれず、お茶を飲みながら気軽に会話を楽しむ場で、ここ数年、患者さんの間で人気です。今回のカフェでは、4つのグループ(フリートーク、医療と生活、就労、年齢別)を用意しているそうです。予約不要で、無料です。

【当日のプログラム】
12:00~12:30 開会
12:30~13:45 難病カフェ
13:45~14:45 ダンスやマジックショー
14:45~16:00 難病カフェ(年齢別、フリートーク)

その他の企画として、「患者会と疾病に関する展示」を行うことになっており、当会でも患者会やME/CFSについての資料やドキュメンタリー映画「この手に希望を~ME/CFSの真実~」のDVDを展示します。持ち帰って頂ける資料もありますので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。