18.10.23NHK「ハートネットTV」で放送

10月23日(火)にNHK Eテレの「ハートネットTV」という番組で、ME/CFSが取り上げられます。AMED(日本医療研究開発機構)の「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群に対する診療・研究ネットワークの構築 」研究班班長である、国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部部長の山村隆先生、重症患者さんの実態、当法人の活動も取材して頂きました。

番組名:ハートネットTV「忘れられた病~筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の現実~」
放送日:10月23日(火)20:00~20:30(再放送 10月30日(火)13:05~13:35)
テレビ局:NHK Eテレ
番組紹介:https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/818/

内容:身体が衰弱して身動きもままならず、痛みや記憶力の低下、感覚過敏など様々な症状を伴う難病「筋痛性脳脊髄炎」。1990年代には「慢性疲労症候群」という病名で注目され、国も研究班を設置したが、感染症ではないとわかって解散。社会からも忘れられていった。置き去りにされた患者たちは仕事を失い、寝たきりで生活も困窮、厳しい現実に直面している。患者や家族の思いに耳を傾け、いま必要な支援は何かを探る。

※大きな事件・事故が発生した場合には日程が変更になる可能性がありますので、ご承知おき下さい。

フェイスブック、twitter、ブログ等で、多くの方にお知らせ頂ければ幸いです。多くの方にご覧頂き、この病気の理解が広がることを願っておりますので、皆さまのご協力をお願い致します。

広告