18.8.8国際学会からの見解についての記者会見

8月8日に厚生労働記者クラブにおいて、「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドラインの作成」研究班が発表した「日本における筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)治療ガイドライン」案に対して、国際ME/CFS学会から正式な見解が届いたのを受けて、改めて当会の意見を表明するために、岩井副理事長、事務局の近藤と共に記者会見を行いました。読売新聞、日経新聞、共同通信、時事通信等の方が出席してくださいました。

当会では昨年12月14日に記者会見を開き、治療ガイドライン案に反対の意を表明しました。研究班はパブリックコメントを募集しましたので、当法人では英語のHPを開設(https://mecfsjapan.com/)し、海外の専門医や患者団体からもパブコメを募集したところ、ME/CFS研究の世界の中心である国際ME/CFS学会から正式な見解が届きました。

・国際ME/CFS学会では、このガイドラインによって日本のME/CFS患者に危害が及ぶ可能性を懸念しております。
・「日本におけるME/CFS治療法ガイドライン」案において、段階的運動療法(GET)をME/CFSの治療法として推奨していることを、当学会では懸念しています。
・ガイドラインは、認知行動療法、ヨガのような行動療法アプローチや、さらにME/CFSの包括的治療法として抗うつ薬のような薬物治療で構成されているために、この文書によって医療従事者の間でME/CFSはそのような介入によって治癒又は回復することができる精神的な疾患又は心因性疾患であるという間違った信念を強化されるのではないかという、貴団体の懸念を共有します。

現在、研究班はAMEDへの研究報告書を作成中です。国際学会が一患者会の求めに応じて見解をまとめるほど「患者にとって危険なガイドライン案」を提案した研究班が、どのような報告書をまとめるのか、当法人では大いに憂慮しています。

「そもそもなぜ国際的な認識と日本の認識がずれてしまったのか」「国内でCFSとされているものと国際的なCFSとは違うのか」「ガイドライン案には推奨評価はないのか」「国際的にはウイルス感染後に発症するとされているのか」「山村隆先生の研究班の研究の方向性は、国際的なガイドラインにそったものなのか」等の質問が出されました。

広告