18.5.31北海道新聞の「読者の声」に上映会の投稿

5月31日付の北海道新聞「読者の声」欄に、「患者の苦悩 胸に迫る映画」という題で、上映会に参加された札幌市内の方からの投稿が掲載されましたので、ご紹介致します。

「ひと2018」欄を読んで、記録映画「この手に希望を」を見てきました。原因も治療法も確立されていない病気で、無理をすると症状が重くなり、仕事はもちろん日常生活も困難になるという患者さんの悲痛な声がありました。日本では診断できる医師が少ないことから、周りの理解が進まず、病気や介護の支援を受けられずに苦しんでいる人が多いことも知りました。

製作した患者会理事長は、重症患者であるはずなのに海外の最新の医学情報を自分の身を削るようにして翻訳し、行政や医学界に働きかけている姿が映し出され、胸を打たれました。上映後の質疑応答では、病気を発症して学校や仕事に行けなくなっている方々の発言もあり、一日も早くこの病気の研究が進み、正しい診断と治療が受けられる日が来ることを願わずにはいられませんでした。

広告