18.6.21毎日新聞に上田市の上映会の記事掲載

6月21日付の毎日新聞地方版に、「医療の現状を知って 上田で24日 映画上映~NPO企画 ME/CFS患者のドキュメンタリー」と題して、当法人が企画して24日に長野県上田市で上映会を開くことを、写真入りで取り上げて頂きました。

「筋痛性脳脊髄炎(ME)・慢性疲労症候群(CFS)」に苦しむ患者を取り上げたドキュメンタリー映画「この手に希望を~ME/CFSの真実~」が24日午後1時50分~4時、上田市中央の上田ふれあい福祉センターで、NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会主催で上映されます。映画には、寝たきりだったり、知覚過敏のため暗闇で生活したりする患者約20人を紹介。ただの疲労や精神的な問題だと疑われ、診断されにくい現状や最新の研究成果などが盛り込まれています。参加費無料。同NPO理事長による講演や交流会も開かれます。

同会員で上映会を企画した患者さんは「誰もがかかる病気で、早期発見が大事。また、この病気を取り巻く医療の現状を知ってほしい」と参加を呼びかけています。この方は2007年に強い疲労感が抜けなくなり、約3年後に症状が悪化し歩行困難となり、介助が必要となりましたが、県内に専門医はおらず、11年に東京都の病院で診断されるまで、公的支援を受けるのに必要な障害者手帳を取得できませんでした。移動が困難なため県内で受診できる病院ができるよう「患者や患者家族とつながりたい。医療従事者にも理解が深まってほしい」と訴えています。

記事はしばらくこちらからご覧頂けます。https://mainichi.jp/articles/20180621/ddl/k20/040/163000c

広告