18.5.22世界保健総会でIAMEがサイドイベント

5月21~26日にスイスのジュネーブにおいて、世界保健機関(WHO)の年に一回の世界保健総会が開催されます。当法人も加盟しているInternational Alliance for ME(ME国際同盟)は、5月22日にサイドイベントを開催し、「予防できず、治療法も確立していない、見過ごされてきた非感染性疾患」として、世界保健総会に出席する世界各国の方々や、在ジュネーブ国際機関政府代表の方々に向けて、MEの啓発活動を行いますのでご紹介致します。

IAMEの代表のアレキサンドラ・へンバーと、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部の方との面談のために、こちらからも厚労省大臣官房国際課に働きかけ、「この手に希望を~ME/CFSの真実~」のDVDも送付しました。日本政府代表部の書記官との面談が実現し、代表部からどなたかがサイドイベントに出席して頂けることになりました。アレキサンドラは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダの代表部の方とも面談し、サイドイベントに出席して頂けるとの返事を頂いています。

サイドイベントは5月12日午後6時半~8時に開催され、アメリカのドキュメンタリー映画「Unrest」の抜粋の上映や、イギリスの患者団体Action for MEの最高責任者、エジンバラ大学医療情報学教授、国際製薬団体連合会(IFPMA)事務局次長などによるパネルディスカッションを行った後、レセプションも行う予定です。

広告