18.5.11ME国際同盟がWHO事務局長に公開書簡

5月12日のMEの世界啓発デーを前に、International Alliance for ME(IAME : ME国際同盟)が、WHO(国際保健機関)の事務局長テドロス・アダノム博士(エチオピア)に宛てた公開書簡(スイス現地時間5月11日付)に、当法人でも署名していますので、ご紹介致します。見過ごされてきた非感染性疾患として、MEに対して世界的に対策を講じるよう緊急の対応を求めるものです。

公開書簡では、WHOと加盟諸国に対して、下記のことを求めています。
1.筋痛性脳脊髄炎を、「しばしば劇的に患者の活動を制限する深刻で複雑な多系統にわたる慢性疾患と認識し、MEに対してコーディネートされた適切な公衆衛生上講ずべき対応を取ること
2.MEに関して決議を行う際に、MEの患者団体や患者たちに対して透明性を確保し、協議プロセスを整えること
3.MEのより良い診断方法や治療法を開発するための生物医学研究の促進を支援すること
4.ME患者に接する医療関係者に対して適切な医学教育が確実に行われるようにすること

この公開書簡に署名した団体:
Sensibilització Central, Spain
Action for M.E., United Kingdom
The American ME and CFS Society, United States
Emerge Australia, Australia
Forward ME, United Kingdom
Japan ME Association, Japan
ME CFS Foundation South Africa, South Africa
Plataforma Familiars Fm-SFC-SQM, Spain
Solve ME/CFS Initiative, United States

この公開書簡の賛同団体:
Association du Syndrome de Fatigue Chronique, France
Lost Voices Stiftung (Foundation), Germany
#MEAction, United Kingdom
ME/CFS Association Switzerland / Verein ME/CFS Schweiz, Switzerland
ME/FM Society of BC, Canada
ME Research UK, United Kingdom
Millions Missing Canada, Canada
Millions Missing France, France
National ME/FM Action Network, Canada
Open Medicine Foundation, United States
Welsh Association of ME & CFS Support (WAMES), United Kingdom

英語の公開書簡はこちらからご覧頂けます

広告