18.3.9公明新聞に党厚労部会勉強会の記事掲載

3月9日付けの公明新聞に、「『筋痛性脳脊髄炎』巡り講演~党部会で専門家」と題して、3月8日に公明党厚生労働部のME/CFSの勉強会が開催されたことを、写真入りで取り上げて頂きました。

この病気は、ちょっとした動作などで急激に体が衰弱し、回復が非常に困難なことが中核症状です。桝屋敬悟衆議院議員が部会長である公明党厚生労働部会は、3月8日に衆議院第二議員会館において、専門医より神経系の病気である「筋痛性脳脊髄炎」に関する講演を聴きました。日本では「慢性疲労症候群」と呼ばれ、疲労という症状が強調され、病気の概念や深刻さがあいまいにされてきましたが、欧米では研究が進んでおり、日本でも啓発活動や治療薬開発などの研究に取り組む必要性を訴えました。

NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会理事長が、同会製作のドキュメンタリー映画「この手に希望を」の紹介も行いました。桝屋議員は、研究を後押ししていく考えを示しました。

広告