18.1.20JDF全国フォーラムに出席

1月20日に江東区有明のTFTビル東館において開催された、「障害者権利条約の実施に向けて 条約批准から4年~私たちはこう取り組む」と題する、日本障害フォーラム(JDF)全国フォーラムに、遅れて出席しました。

1月20日は日本が障害者権利条約を批准した日で、それを記念してライトアップが行われる東京臨海副都心において、今回の全国フォーラムは企画されました。条約の実施に関わる最新の国際動向や、市民社会が国連に提出するパラレルレポートに関するJDFの活動を紹介しながら、条約批准から4年目の今、私たちの暮らしに条約をどう活かすか、各分野/各地域の取り組みを共有しつつ、話し合われました。

中華民国(台湾)における障害者権利条約の審査について~2020年日本初審査への教訓という観点から」と題する特別公演の中で、国連を脱退している中華民国が障害者権利条約施行法を成立させ、中華民国政府が独自に国際審査委員会のメンバーを招聘して、権利条約の審査を受けているという話は興味深かったです。

また、「条約批准から4年~私たちはこう取り組む」と題するパネルディスカッションの中では、大阪市交通局のバイアフリー化の取り組み明石市における障害者が暮らしやすい社会を作る取り組み精神障害のある人の地域生活を支える取り組み、盲ろう者の差別を訴える取り組み、弁護士会としての障害者権利条約の完全実施に向けた取り組みなどについて、お話し頂きました。

広告