17.11.30JDの政策委員会に出席

11月30日に新宿区立障害者福祉センターにおいて開催された、日本障害者協議会(JD)の政策委員会に遅れて出席致しました。最初の情報共有の時間に、地域包括ケアシステム構築推進法への対応やA型事業所における障害者の大量解雇の問題、JD内で障害者権利条約のパラレルレポ―トについて定期的に検討会が実施されていることや仮訳を作成中であること等について報告されました。

バリアフリー法改正については、骨子を要望書化して国土交通省、又は国会に提出すること等が議論されました。厚労省の第15回障害福祉サービス等報酬改定検討チームにおいて通所系施設に対する食事提供加算の廃止案が提出された件について、利用者の生活への影響は大きいという指摘と共に、障害者運動の中で食費は自分たちで払い、その代わりきちんとした所得保障を求めた経過などから、理解を得にくいのではないかなどの様々な意見が出されました。

最後に、筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の治療ガイドライン案の問題についても議題にあげて頂きました。この病気は医療関係者の間ですら誤った認識が広がっているのに、その誤解を助長するような治療ガイドラインが出されようとしていることに対して、このガイドライン案を英語に翻訳し、海外の専門家の意見も研究班に知らせることが提案され、継続的にこの疾患について学習が必要であることなどが議論されました。

 

広告