17.3.31国際シンポジウムをYouTubeにアップ

昨年10月23日に東京大学鉄門記念講堂において、「注目される神経内科領域の疾患:筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)~ME/CFSも治療の時代へ」と題する医療関係者向け国際学術シンポジウムを開催致しました。そのシンポジウムの一部をYouTubeにアップ致しましたので、ご紹介致します。

このシンポジウムは、世界保健機関において神経系疾患(ICD-10 G93.3)と分類されているこの病気を、神経難病として捉え、神経内科領域の研究者に研究を促進していただくことを目指しました。当日は、米国からME/CFSのオピニオンリーダーであるコマロフ・ハーバード大学教授と、前国際ME/CFS学会長のクライマス先生をお招きし、日本神経学会代表理事の高橋良輔先生にオープニング・リマークを頂きました。国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部部長の山村隆先生と、前鹿児島大教授であり和温療法研究所所長である鄭忠和先生の講演は、残念ですが今回は公開致しません。

当日のプログラム
司会:申 偉秀(東京保険医協会理事)
開会の辞:高橋 良輔先生(日本神経学会代表理事・京都大学医学部神経内科教授)
基調講演:ME/CFSのバイオロジー
・アンソニー・コマロフ先生(ハーバード大学医学部教授)
講演:シンポジウムまでの道
・篠原 三恵子(NPO法人「筋痛性脳脊髄炎の会」理事長)
講演:ME/CFSの分子標的治療開発のための仮想病態の提案
・ナンシー・クライマス先生(前国際ME/CFS学会会長・ノヴァサウスイースタン大学教授)
講演:ME/CFSの免疫療法に向けて:フローサイトメーター解析
・山村 隆先生(国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部部長)
講演:ME/CFSの症状緩和に有効な治療法:和温療法
・鄭 忠和先生(独協医科大学特任教授、和温療法研究所所長)
閉会の辞:山村 隆先生

日本神経学会の高橋代表理事の開会の辞より:
「私自身も、篠原さんに教えていただきまして、日本神経学会の代表理事として、神経学会もこの病気にもっと目を向けなくてはならないと認識した次第でありまして、本日、この国際シンポジウムが、参加者の皆さまの病気へのご理解をさらに深めるとともに、ここに参加されている医療関係者、研究者の方々に、疾患に対する取り組みをさらに真剣に考えて頂き、研究を推進していただけることを心より祈念いたしまして、私の開会のご挨拶とさせて頂きます。本日は宜しくお願い致します。」

当日、出席することができなかったの患者・家族の方だけではなく、多くの医療関係者、製薬会社の方々にご覧いただけることを願っております。

シンポジウムのYouTubeはこちらからご覧いただけます

広告