17.3.9木原議員、浦野議員、井上議員への陳情

3月9日に、前外務副大臣であり衆議院運営委員会理事である、自民党の木原誠二議員への陳情に行って参りました。木原議員は昨年も当法人の請願の紹介議員をお引き受け下さいました。ME/CFSがWHOで神経系疾患と分類されており、2012年に国際ME/CFS学会が発行した臨床医のための手引きカナダの診断基準、MEのための国際的合意に基づく診断基準にも明記されている資料をお持ちし、快く紹介議員をお引き受け頂きました。

大阪の患者さんの働きかけにより、衆議院内閣委員会委員である日本維新の会の浦野靖人議員と、衆議院予算委員会委員である日本維新の会の井上英孝議員にもお会いしました。1時間近くも時間を取って下さり、なぜ25年間も研究費が出ているのに指定難病になっていないのか、神経内科の研究者による研究が遅れた理由、疲労と筋痛性脳脊髄炎の研究は分けて行うべきではないか、国立精神・神経医療研究センターの山村隆先生の論文が出れば病気の認知が進むのではないか等、熱心にお話を聞いて頂きました。

広告