17.2.11在宅ケアネットワーク栃木で患者の訴え

17-2-11%e5%9c%a8%e5%ae%85%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e6%a0%83%e6%9c%a82月11日(日)に自治医科大学地域医療情報研修センター大講堂にて開催された第21回在宅ケアネットワーク栃木の総会・シンポジウムに、当会の重症患者さんが車椅子のリクライニングを倒しながら、午後から参加しました。在宅ケアネットワーク栃木は、平成8年に行われた在宅ケアを支える診療所全国ネットワークの北関東ブロック分科会である栃木会議がきっかけで誕生したもので、在宅ケアに何らかの係わりを持つ関心の深い医療福祉関係者らや介護者らのための、実践交流のための集いです。17-2-11%e5%9c%a8%e5%ae%85%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e6%a0%83%e6%9c%a82%e4%ba%ba%e3%81%a7

様々な団体が自分たちの活動をアピールする「活動アピール」の時間には間に合いませんでしたが、事務局のご厚意で「いつまでも愛する街ですこやかに」と題されたシンポジウムの時に、少しお話しさせていただきました。患者が置かれている苦しい状況や、患者会でドキュメンタリー映画を製作していること、最後に請願署名へのご協力をお願いすることができました。

広告