17.1.28山海嘉之先生の講演会に出席

17-1-28%e5%b1%b1%e6%b5%b7%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%ae%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9ahp%e4%b8%ad%e5%b3%b6%e5%85%88%e7%94%9f1月28日に千代田区のJA共済ビルカンファレンスホールにおいて開催された「公開合同報告会~新しい難病治療を知ろう!HALの健康保険適用からサイバニックスイッチまで」に、当法人前副理事長の細田満和子先生(星槎大学副学長)と共に出席致しました。日本医療研究開発機構(AMED)の「希少難治性脳・脊髄疾患の歩行障害に対する生体電位駆動型下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)を用いた新たな治療実用化のための多施設共同医師主導治験の実施研究」と「進行したALS 患者等を含む障害者のコミュニケーション支援機器の開発」の研究班の主催でした。

DSC_4010

研究班班長の国立病院機構新潟病院副院長の中島孝先生より、研究班の進捗についての報告後、筑波大学大学院システム情報工学研究科教授であり、CYBERDYNE株式会社社長(CEO)である山海嘉之先生より、「サイバ二クス最前線~人とテクノロジーが繋がる」と題した講演がありました。ロボットスーツHAL(Hybrid Assistive Limb)は、体に装着することによって身体機能を改善・拡張・補助することができる世界初のサイボーグ型ロボットで、神経・筋疾患患者の立位または歩行訓練に使用され、効果が認められています。その技術を、今では脳神経系や筋系の病気を治す新しい治療法へと発展させてDSC_4012いらっしゃいます。実際にALSの患者さんによる、サイバニックスイッチを使用した実演もありました。

質問コーナーで、この技術を使うことにより、筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群にも治療効果があるかどうかを尋ねました。まずはバイタルチェックを行い、体がどうなっているのかを検査し、ハードルをどう超えられるかを考えることは可能とのことでした。講演後もお話をさせて頂き、後日、つくばの研究所を訪問させて頂くことになりました。

広告