17.1.15「すべての人の社会」に請願採択の記事

img134JD(日本障害者協議会)の機関誌「すべての人の社会」439号のトピックス欄に、「衆参両院でME/CFSの請願採択」と題して、当法人の請願が衆・参両院厚生労働委員会で採択されたことを掲載して頂きました。

請願事項は、「国立精神・神経医療研究センター等の神経内科の専門家が参画して、客観的な指標を含む診断基準作成と治療法開発の研究を促進し、全国の神経内科および神経内科に連携する診療科が診療に当たる体制を早期に整えてください」「国内外における治療法の研究の状況を踏まえつつ、リツキシマブアンプリジェン等の治験を含む治療法開発の研究を早急に促進してください」

筋痛性脳脊髄炎の会理事長は、この請願が採択されたことにより、一日も早く治験が開始され、日本全国で神経難病と認められるようになることを願うと話しています。

広告