16.10.9講演「神経内科疾患における和温療法」

%e6%80%a7%e5%b7%ae%e5%8c%bb%e7%99%82%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b716-10-30hp10月30日(日)に、四谷の主婦会館プラザエフ7階「カトレア」において、当法人の天野惠子理事が理事長である性差医療情報ネットワーク主催の、第13回性差医療情報ネットワーク研究会が開催されます。11:20~12:10のランチョン交流会の中で、天野理事は「神経内科疾患における和温療法」と題してお話しをされます。一般に公開されていますし、ランチョン交流会のみの出席も可能ですのでご案内致します。参加費は無料です。

和温療法は、AMED(日本医療研究開発機構)のME/CFSの治療法研究班の中でも研究が行われておりますが、他の神経内科疾患にも有効であることが、AMEDの研究者にも注目されるようになってきています。当日は、大脳皮質基底核変性症候群の患者さんのビデオを交え、お話しくださいますので、参加されてみてはいかがでしょうか。

第13回性差医療情報ネットワーク研究会のチラシは、こちからご覧いただけます。お申し込みはこちらからお願い致します。お弁当が不要な方は無料です。また、当日の参加も受け付けます。

広告