16.6.1医療関係者向け国際学術シンポジウム開催

チラシ写真10月23日(日)に、東京大学鉄門記念講堂(本郷キャンパス医学部教育研究棟14F)において、「注目される神経内科領域の疾患:筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候(ME/CFS)~ME/CFSも治療の時代へ」と題して、医療関係者向国際学術シンポジウムを開催致します。

このシンポジウムは、アメリカよりME/CFSの世界的権威である専門医と前国際ME/CFS学会会長をお迎えし、また日本神経学会代表理事にもご出席頂き、世界的にどこまでME/CFSの研究が進んでいるのかをお話いただきます。世界保健機関の国際疾病分類において神経系疾患(ICD-10 G93.3)と分類されているこの病気を、神経難病として捉え、神経内科領域の研究者に研究を促進していただくことを目指すと同時に、医療関係者の方々に診療に際してこの病気への理解を深めていただき、患者の置かれた状況を改善していくことを目的とします。

尚、高度に専門的な講演の一部には、日本語の通訳がつきませんのでご了承下さいませ。

日時:2016年10月23日(日)13時~18時
会場:東京大学鉄門記念講堂(本郷キャンパス医学部教育研究棟14F)
対象:医療関係者(一般の方の参加も可)
参加費:無 料
申し込み: ご氏名、ご所属、ご住所、電話、メールアドレスを書いて、answertomecfs@gmail.comまでお送りいただくか、チラシの裏面を印刷して頂き、FAXで03-6915-9282までお送り下さい。

シンポジストと演題:

Dr. Komaroffの写真Dr. Anthony Komaroff, M.D.
(Simcox-Clifford-Higby Professor of Medicine at Harvard Medical School, Senior Physician, Brigham & Women’s Hospital)
“Keynote speech:The Biology of ME/CFS ”
基調講演:ME/CFSのバイオロジー

Dr. Nancy Klimas, M.D.
(Director for Institute for Neuro Immune Medicine at Nova Southeastern University、Past President of the Dr. Klimasの写真International Association for ME/CFS)
“Modeling ME/CFS to Develop Targeted Therapy”
ME/CFSの分子標的治療開発のための仮想病態の提案

山村 隆先生(国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部部長)
Towards Immunotherapy of ME/CFS: Flow Cytometer Analysis
ME/CFSの免疫療法に向けて:フローサイトメーター解析

鄭 忠和先生(独協医科大学特任教授、和温療法研究所所長)
Waon Therapy Effective as the Treatment of ME/CFS
ME/CFSの症状緩和に有効な治療法:和温療法

篠原 三恵子(NPO法人「筋痛性脳脊髄炎の会」理事長)
Recent Research Developments Around the World
世界ではME/CFSの研究はどこまで進んでいるのか

オープニングリマーク:高橋良輔先生(日本神経学会代表理事、京都大学医学部教授)
司会:申 偉秀先生(東京保険医協会理事、当会理事)

主催:NPO法人 筋痛性脳脊髄炎の会
後援:厚生労働省、東京都、日本医師会、日本神経学会、国立精神・神経医療研究センター、日本臨床内科医会、日本性差医学・医療学会、全国保険医団体連合会、東京保険医協会、日本看護協会、日本臨床衛生検査技師会、日本社会医療福祉協会、日本障害者協議会、医療制度研究会(順不同)
※このシンポジウムは日本財団の助成を頂き実施致します。

シンポジウムのチラシ(表面裏面)はこちらからご覧頂けます。

このシンポジウムのためには、多額の寄付が必要です。皆様から暖かいご支援・ご協力を頂けますようお願い申し上げます。また、当日の運営を手伝いいただけるボランティアの方を募集しております。事務局までご連絡頂ければ幸いです。どうか宜しくお願い致します。cfsnon@gmail.com

【寄付の振込先】
◎ ゆうちょ銀行から振込む場合
ゆうちょ銀行
記号 10070   番号 86990381
特定非営利活動法人筋痛性脳脊髄炎の会

◎ 他の金融機関から振込む場合
ゆうちょ銀行
店名    〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番号   008   普通預金 8699038
特定非営利活動法人筋痛性脳脊髄炎の会

広告