16.2.16NIHの主任研究員がCDCで講演

クロッカス2015年10月29日に米国国立衛生研究所(NIH)より、「NIHはME/CFSの研究促進に向けて動きだす」と題する発表がありました。その後、NIHでは研究の方向性が検討されており、NIHの国立神経疾患・脳卒中研究所(NINDS)の主任研究員であるDr. Avindra Nathが、2016年2月16日に米国疾病管理予防センター(CDC)において開催された病例検討会において、「感染後ME/CFS:米国国立衛生研究所における所内研究」と題してプレゼンテーションしました。米国の患者団体Health Rising Forumの報告をご紹介致します。

ナス博士は、NIHでの研究は免疫機能障害に研究の焦点をあてるとし、この研究により治療法が同定されると信じていると語りました。感染が免疫機能を変化させ、その後、脳に打撃を与えることや、ウィルス感染後に発症した患者は、類似した免疫プロフィールを持っている可能性があると信じているからです。研究は、ウィルス感染が引き金となって感染後にME/CFSにかかり、その結果、免疫介在性脳機能障害が起きるという仮説に基づい行われます。

ME/CFSの専門家が患者を集め、研究対象の患者には感染症後の発症の条件が求められます。厳密な診断基準を適用するとし、カナダの診断基準も満たし、中核症状である労作後の倦怠感の症状があることも求められます。大規模研究を実施し、膨大な数の免疫因子や蛋白質が検査されます。3段階に分けて計画されている研究の最終段階では、早期段階の研究において見つかった免疫機能障害を標的にした免疫調整剤を使用すると発表しました。

Health Rising Forumの報告の英語の全文は下記からご覧いただけます。http://www.cortjohnson.org/forums/threads/nih-clinical-center-trial-first-step-to-identifying-treatments-for-me-cfs.3700/#post-11607

広告