16.2.8衛藤総理大臣補佐官秘書への陳情

ダウンロード2月8日に、内閣総理大臣補佐官であり自民党障害児者問題調査会会長である、衛藤晟一議員の秘書の方への陳情に行って参りました。1時間も時間を取って頂き、じっくりお話を聞いて頂きました。米国国立衛生研究所からの最近の発表ランセットの論文の撤回を求める動き、患者会と共同で進められている研究、海外で進んでいる治験等についてご報告させて頂き、米国と同様に日本でも神経内科の病気として研究が推進されるよう、お口添えをお願い致しました。慢性疲労症候群という病名は、あたかも疲労の病気であるかのような誤解を生むので、早く変更されるといいですねと言って頂きました。帰り際に会報をお渡しし、塩崎大臣永岡副大臣日本医師会会長にも会っていただいたことも報告致しました。

広告