16.1.27当会の国会請願の処理経過の報告

a0001_015611昨年の通常国会にあげた当会の請願が、衆議院で採択されました。その後、請願は内閣に送付され、内閣から毎年おおむね2回、その処理経過について衆議院に報告されることになっています。この度、その請願の処理経過を送って頂きましたので、ご紹介致します。件名は「筋痛性脳脊髄炎の支援に関する請願」で、主な所管省は厚生労働省です。

請願に対する処理要領には、2点書かれています。①現在、日本医療研究開発機構から委託を受けた研究班で、病因病態の解明、診断基準・治療法の開発を行っている。②障害者総合支援法の障害福祉サービス等の対象となる難病等の範囲は、客観的診断基準の確立を前提としており、難病法が規定する指定難病の範囲等に係る検討等を踏まえ、見直しを行うとしている。ME/CFSについても、客観的指標を含む診断基準的が確立された場合には、障害福祉サービスの対象とすることについて、支援の必要性の観点も考慮して検討していきたい。

広告