15.11.9第75回社会保障審議会障害者部会を傍聴

秋の薔薇11月9日に厚労省専用会議室において開催された、第75回社会保障審議会障害者部会を、1時間ほど傍聴致しました。「障害児支援について」「その他の障害福祉サービスのあり方について」話し合われました。障害者総合支援法は施行3年後の見直しが行われており、今後、障害者部会において改正法案の了承をとりつけ、来年の通常国会に改正法案が提出される予定です。

「障害者総合支援法は制度の対象として難病等が追加され、本年7月には151疾病から332疾患に拡大されているが、一方で、障害者総合支援法における『障害者』の定義を、障害者基本法の定義に合わせるべきではないかとの意見がある」との現状・課題があげられました。「障害者総合支援法は給付法という性質を有するため、制度の対象を客観的に明確にしておく必要があるが、障害福祉サービスを真に必要とする者がサービスを受けることができるよう、引き続き検討を行うとともに、当面は指定難病に関する検討状況も踏まえつつ、対象疾病の見直しを検討していくこととしはどうか」との検討の方向性が示され、この件についても議論されました。

広告