日本医師会会長との面談が実現!

横倉日本医師会会長との面談15.9.169月16日に文京区の日本医師会館において、当法人前副理事長の細田満和子さん(星槎大学副学長)のご紹介で、公益社団法人日本医師会の横倉義武会長に、岩井副理事長、申理事と共にお会いしました。

この病気をご理解頂くために、「闇からの声なき声」のDVDや当法人発行の6冊の小冊子実態調査の報告のまとめ、日本臨床内科医会で発表された論文や最新の研究論文等をお渡し致しました。寝たきりに近い患者が多くいる深刻な疾患であることや、器質的疾患であることを証明する論文が国内外で発表になっていることをお話しし、日本医師会でもこの病気を理解して頂けるようにお願い致しました。症状の緩和に有効であることが分かってきた「和温療法」のことをお話ししますと、重症心不全の治療に使われていることをご存知でした。

患者さん達が「制度の谷間」に置かれて困っており、7月末には日本弁護士連合会主催のシンポジウムでも訴えたことや、国会に請願を上げていることをお話ししますと、医師会には21人の国会議員がいるので、紹介議員になれればとおしゃって下さいました。熱心に資料を見ながら、丁寧にお話を聞いてくださり、励ましの力強いお言葉も頂きました。

この病気がお医者様に正しく理解されるようになり、全国で患者さんが診療していただけるようになることを願って、希望を感じながら帰路に着きました。お忙しいところお時間を取ってくださった横倉会長に感謝です。

広告