「基本方針案」説明&意見交換会に出席

「基本方針案」説明&意見交換会15.7.237月23日に参議院議員会館において、日本難病・疾病団体協議会(JPA)と難病のこども支援全国ネットワーク主催の、総合的な難病対策及び小児慢性特定疾病対策「基本方針案」説明&意見交換会に出席致しました。患者団体向けに開かれたもので、70名以上が参加され、厚労省からは健康局疾病対策課、雇用均等・児童家庭局母子保健課、社会・援護局障害保健福祉部企画課、職業安定局雇用開発部障害者雇用対策課地域就労支援室、職業安定局総務課の方が参加されました。

「難病の患者に対する医療等の総合的な推進を図るための基本的な方針(案)」と、「小児慢性特定疾病その他の疾病にかかっていることにより長期に療養を必要とする児童等の健全な育成に係る施策の推進を図るための基本的な方針(案)」の説明があった後、出席者からの質疑や意見交換が行われました。患者団体から切実な要望が寄せられ、今後の難病対策への強い関心が感じられました。

終了後は、難病団体や国会議員の秘書の方、JPAの皆様と情報交換をさせて頂き、あっという間に1時間が過ぎました。

広告