日弁連で「難病者の人権」シンポジウム開催

日弁連難病シンポジウムチラシ日本弁護士連合会が、難病者の問題に正面から初めて取り組む「難病者の人権の確立を考える」シンポジウムが開催されます。当会理事長もリレー報告で、ME/CFS患者の実態調査から見えてくる難病者の人権問題について発言致します。

障害者権利条約の根底にある「障がいの社会モデル」の考えを、2011年に障害者基本法が採用し、2014年には日本も同条約を批准しました。また、2015年1月から難病法が施行され、同年7月から障害者総合支援法の対象となる難病者の範囲も広がります。そこで、障がいの社会モデルの観点から、難病者の人権を保障する法制度を確立するための課題について、ともに考える機会とするために、このシンポジウムは企画されました。多くの方にお越しいただけるのをお待ちしております。

日時 : 7月31日(金)18時~20時30分(17時30分開場予定)
場所 : 弁護士会館2階講堂「クレオ」A(千代田区霞が関1-1-3)
地下鉄「霞ヶ関駅」B1-b出口直結
会場ウェブページ http://www.toben.or.jp/know/access.html

内容:
●基調講演「障害者権利条約と難病者の人権について」
講師 : 川島聡氏(岡山理科大学准教授 ・国際人権法・障害法)

特別報告「法律家からみた難病法制度の課題について」
青木志帆(日弁連人権擁護委員会
障がいを理由とする差別禁止法制に関する特別部会委員)

●リレー報告
白井誠一朗氏(認定NPO法人DPI日本会議常任理事)
篠原三恵子氏(NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会理事長)
水谷幸司氏(一般社団法人日本難病疾病団体協議会事務局長)

参加費無料  事前申込不要  どなたでも歓迎
情報保障 : 手話通訳・要約筆記あり。配付資料テキストデータ提供できます。
詳しくは下記人権第一課までお問い合わせください。

◇主催 日本弁護士連合会
◇お問い合わせ先:日本弁護士連合会人権部人権第一課
電話:03-3580-9857 ファックス:03-3580-2896

日弁連ホームページ  http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2015/150731.html
チラシは下記からご覧いただけます。http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/event_150731.pdf

当日はユーストリーム中継されます。
http://ustre.am/1pf2S
http://www.ustream.tv/channel/jfba2015
※シンポ終了後は削除されますので、当日リアルタイムでご覧ください。

広告